「すそわきが」の臭いは食事や体調によっても変わる!

そもそも「すそわきが」というものをご存じでしょうか?
「すそわきが」とは「外陰部臭症」のことを指し、陰部から独特の臭いを発する症状のことです。
人の体には2つの汗腺がありますが、それらはエクリン汗腺とアポクリン汗腺と呼ばれ、アポクリン汗腺から出る汗が原因と言われています。
「わきが」臭はさまざまなところから発生します。
それはアポクリン汗腺は、おもにワキや陰部、乳首の周りや、へその周辺、耳の中などさまざまなところにあるためです。どこが一つの部位の臭いが気になるという方や「わきが」に悩んでいる方は、「すそわきが」を併発している可能性が高くなります。

「わきが」は病気をいうわけではなく、優性遺伝で起こることが多いため、体質的なことが大きく関係します。
親が「わきが」である場合、その子どもも生まれたときからアポクリン汗腺の数が多い可能性が高いといわれています。
両親ともに「わきが」の場合、子供が「わきが」になる確率は75%、片方の親が「わきが」である場合でも50%以上の確率で遺伝するとされているので、その影響の大きさがうかがえます。

そんな「わきが」は食べ物によっても影響を受けると言われています。
肉などの動物性タンパク質や、揚げ物など脂肪分の多い食べ物は、アポクリン汗腺を活発にするとされています。
これらの食べ物を摂取することを極力控えることによって、症状を軽減することが出来るといえます。

また、体調が悪くなると苦い臭いになったり、臭いがきつくなるとも言われており、体調で左右されるという面もあります。

いかがでしたでしょうか。
アポクリン汗腺はさまざまな部位の臭いにかかわっているため、「わきが」対策をすることで「すそわきが」にも役立ちます。
まずは、普段摂取する食べ物を見つめ直してみるのが良いのかもしれません。