すそわきが治療の「超音波吸引(治療)法」って?気になるメリット・デメリット

すそわきがは、自分ではなかなか気が付かないものなので、気が付いたらしっかり治療はしておきたいですよね。ここでは、すそわきがに有効的な治療の超音波吸引治療法のメリットデメリットについて調べていきます。

すそわきがも手術ができるように!

脇のアポクリン汗腺は目で確認できるので、除去手術も何種類かあるのですが、陰部のアポクリン汗腺は目で確認することができないということから、すそわきがについては手術法がありませんでした。
最近の技術の進歩によって、超音波吸引治療法のみでの手術が可能になりました。
手術の方法は、陰毛が生えている一番上の左右に、5mmほどの切込みを入れて、アポクリン腺にだけ反応する超音波を出してその振動によってアポクリン腺を破壊し、吸引するという治療法です。
気になる臭いのもとを取り除いてくれる画期的な治療法です。

すそわきがの超音波吸引治療法のデメリット

手術の時に皮膚を切開した傷口には数日間ガーゼを縫い込んで圧迫をするので、日常生活に少し支障がでてしまいます。ガーゼをはずしたらシャワーには入れますが、抜糸が終わるまでの数週間は入浴もできません。
手術後は、腫れや皮膚のツッパリ感などの違和感が症状としてあらわれることもあり、それが落ち着くまで数か月かかってしまうこともあります。
そして、超音波吸引治療法の場合はアポクリン腺のすべてを取り来ることができない可能性も出てくるので、再発する可能性についても考えておく必要があります。

まとめ

体の中でもデリケートな部分である陰部の手術なので、安全な治療法といってもデメリットは多くなります。もちろんメリットの方が大きいと感じれば、超音波吸引治療はあなたの悩みを解決してくれるすてきな治療法であるといえます。ひとには相談しにくい事だから、治療法を決めるのも強い決意が必要ですね。お医者さんに相談して、あなたに一番あった治療法を一緒に見つけてもらってみてはいかがでしょう。