皮膚を切らずにわきが治療ができる千葉中央美容形成クリニック

わきがやすそわきがの悪臭は、アポクリン汗腺と呼ばれる汗腺から分泌される汗が原因です。わきが治療をするにはアポクリン汗腺を摘出すればよく、臭いの元の汗腺を除去することにより、わきがやすそわきがを治すことができます。

アポクリン汗腺を摘出する方法

アポクリン汗腺を摘出する方法には、外科手術による方法と注射による方法、超音波を照射する方法があります。どの方法を適用するかについては、医師と相談して決定することになります。

外科手術によるわきが治療

外科手術によるわきが治療は、皮膚をメスで切除してアポクリン汗腺を摘出します。外科手術をすると確実にアポクリン汗腺を除去することができますが、傷跡が残ることがデメリットになります。

注射によるわきが治療

注射によるわきが治療はアポクリン汗腺を摘出せず、アポクリン汗腺から汗が出るのを抑えることを目的とします。注射を打つだけで発汗を抑えることができ、約6ヶ月間にわたって効果が持続します。注射によるわきが治療は対症療法であり、根本的にわきがを治すことにはつながりません。

超音波を照射するわきが治療

超音波を照射するわきが治療は、ウルセラドライと呼ばれる医療機器を使用します。ウルセラドライを使用すると患部に超音波を照射するだけで、アポクリン汗腺をピンポイントで破壊することができます。千葉中央美容形成クリニックはウルセラドライによるわきが治療を行っており、皮膚をメスで切らずにわきがを治療することが可能です。